要件に紐付けしたコードを直接テストしてトレーサビリティを取得
ウインドリバー社コンパイラとロータバッハ社デバッガを TBmanager に統合 

国際スタンダード認証に最も実績のあるLDRA社テストツールは、ソフトウエア開発ライフサイクルの全般にわたって検証作業の自動化を支援します。航空・防衛システムを中心に、40年以上の実績を通じて、最高峰の検証ツールとして他に類を見ない進化を続けています。

 

FAA(連邦航空局)のDO-178Bスタンダードの認証取得に初めて活用されたツール(航空機及び地上システムの両方)
200以上のプロジェクトでDO-178スタンダード認証の実績があり、その多くは最も厳しいLevel A。これに匹敵する経験と成功事例のある比較製品はない
MISRA C で求められる静的なルールチェック、複雑度解析、動的解析の全てを満たすただ一つのツール
様々なスタンダード委員会に複数の技術者がメンバーとして貢献中
LDRA Testbed の活用により、バグを75%削減して、テストの効率が46%改善されたことが報告されている

静的解析とカバレッジ解析

 

LDRA Testbed®

プログラミングスタンダードチェック、複雑度解析、コード品質の尺度(メンテナンス性、テスト容易性など)、データフローおよびコントロールフローカップリング、カバレッジ解析等を自動化します。LDRA社独自の構文解析エンジンを持ち、スタンダードの新しい要求にも素早く対応して、最先端の解析技術を享受することができます。
 
静的解析:複雑度解析、データ・コントロールフロー解析、プログラミングスタンダードチェック(MISRA C/C++ | CERT C / CERT C++ / CERT Java | HIS | CWE High Integrity C++ | IPA/SEC C | JSF++ AV | Netrino C | Ravenscar Profile)、他各種解析

カバレッジ解析:ステートメント、ブランチ、MC/DC、LCSAJパス、関数コール、データフロー、オブジェクトコード

 

MCDC テストケースレポート

 
●TBvision®:解析結果を視覚的にレポート
●TBsafe®:MC/DCカバレッジ
●Dynamic Data Flow Coverage : データフローカバレッジ
●TBmisra®:MISRA C 等のプログラミングスタンダード対応
●TBsecure®:CERT C 等のセキュリティスタンダード対応
 


 

単体テストの自動化

 

TBrun®

LDRA Testbed の包括的なコントロールフローとデータフローの解析から、ユニットのインターフェイス、パラメータ、グローバル(入出力)、戻り値、変数タイプとその用法、プロシジャーコールなどの詳細を抽出して、単体テストの実行に必要なドライバー、スタブ、ラッパーコード等を自動生成します。
これにより多くの解析作業から開放され、リグレッションテストの作業なども軽減されて、高い能力の技術者はモデリングやアーキテクチャ設計に専念することができます。また大規模なレガシーシステムへの単体テストを現実的な選択肢にします。
 
●TBeXtreme®:単体テストケース自動生成機能
 

オブジェクトコードカバレッジ

 

TBobjectBox®

DO178B/C Level A の認証に求められる、オブジェクトコードレベルの検証(OCV:object code verification)に対応。ソースコードとオブジェクトコードのカバレッジの相関を直接取れる唯一の手法です。

要件トレーサビリティ管理

セーフティクリティカル、あるいはセキュリティクリティカルなアプリケーションの国際スタンダード認証には、開発ライフサイクル全体にわたる計画的な作業と、それを証明する文書や成果物が監査の対象として求められます。その中でもコードレベルの検証は項目も対象も多く、工数全体の50~80%を占めることに加えて、要件トレーサビリティの取得と管理が一層複雑になり、開発者の大きな負担となっています。

LDRA 社の TBmanager はトレーサビリティに、包括的でロールベースのアプローチを提供します。要件と検証のタスクをチームメンバーに役割分担して、それらの成果物を結集することで、ソフトウエア開発ライフサイクル全般にわたって、双方向の要件トレーサビリティの取得と管理を支援し、要件、設計、あるいはソースコードの変更に伴う検証・追跡作業が容易になります。たとえ厳格なスタンダードに準拠する必要がない場合でも、この機能はコード品質とアプリケーションの総合的な安全性、セキュリティの向上、効率の改善に役立てられます。

TBmanagerは、LDRAテストツールのタスクベースのインターフェイスとして、リグレッションテスト、テストスクリプト、および複数のプログラミング言語を使用して開発されたモジュールのテストなどに、共通のユーザーエクスペリエンスを提供します。 複数担当者によるターゲットやシミュレーション環境用のテスト生成と、システム、モジュール/ユニットテストのカバレッジ結果をまとめることができます。 そして全ての検証成果物(オブジェクトコードカバレッジやターゲットテストの結果も含めて)を管理し、プロジェクトと各種スタンダード認証に求められる課題(objectives)にそれらをマッピングし、完全な双方向のトレーサビリティを実現します。 
 

各種スタンダードごとに用意される Objectives Objectives に各種ドキュメントをマップ 担当者を要件に割り当て 要件にソースファイルをマップ 検証グループとタスク LDRA テストツールを直接起動・実行 検証結果と Objectives

 
LDRA のテスト・解析・検証ツールであるTestbedとのシームレスな統合により、TBmanagerは包括的な検証レポートと欠陥の追跡機能を提供します。そして開発と検証用のワークスペースを設定し、管理者は担当者ごとに要件、コーディング、解析、テストのタスクを割当てることで、エンドツーエンドのソフトウェア開発ライフサイクルソリューションを提供し、エラー、予算およびスケジュールの超過を削減すると同時に、生産性を向上させることができます。
 
"TBmanagerは、要件管理の分野とLDRAテストツールの継続的な進化に関わる重要なマイルストーンです。リモートでテストのタスクを割当てて管理し、マネージメントダッシュボードを介して要件管理と要件トレーサビリティを支援することで、大きなメリットとコスト削減をもたらします。" -Ian Hennell, Operations Director of LDRA  “リグレッション•テストにテストスクリプトを再利用することにより、投資と品質を失うことなくソフトウェアの品質プロセスを改善できます。 タスクベースのインターフェイスとしてTBmanagerは、これらをグラフィカルに比較して、要件、コード、テストケースやドキュメントを含むソフトウェア開発のすべてのコンポーネントの管理を可能にします。"
 
 担当者はTBmanager上でドラッグ/ドロップして、迅速かつ容易にテストの説明書などの各種ドキュメントを要件の一部に追加することができます。そしてこれらは他の担当者の支援や、テストのさらなる開発と品質の改善に活用されます。
 

特徴

・プロジェクトを設定して、各種スタンダードに求められる課題をテンプレートで割り当て
 
TBmanagerには、IEC 61508, IEC 62304, ISO 26262, EN 50128, DO-178 などのスタンダードごとの課題(objectives)のテンプレートが用意されており、この各課題に対して要件やテスト成果物、プロジェクトのドキュメントをドラッグ/ドロップで設定して、進捗を監視・管理することができます。
 
・要件とテストのトレーサビリティプロセスを管理
 
TBmanagerを経由してLDRAツールスイートのテストを実行。検証の成果物(コードレビュー、クオリティレビュー、単体テスト、コードカバレッジ)は、実行された環境や担当者の下、要件や課題(objectives)にリンク(紐付け)され、認証機関へ提出可能なエビデンスが生成されます。
 
・プロジェクトを通じて各種ドキュメントを参照。検証結果、トレーサビリティを列挙して管理。
 
TBmanagerは外部ドキュメントやファイルのリポジトリを保持して、検証結果やトレーサビリティの列挙、管理をサポート。すべての外部ドキュメントは各スタンダードの課題(objectives)、要件、テストとリンクされ、TBmanagerプロジェクト全体で、テストまたは課題履行の証拠として担当者に活用されます。
 
・ドキュメントのプレースホルダ―として
 
情報共有を支援するために、TBmanagerでは望まれる結果とプロセスの成果物を定義するドキュメントのプレースホルダを作成することができます。プロジェクトマネージャによって定義され、サブプロジェクトやユーザーのワークスペースの詳細情報と共に表示されてチームメンバーとの連携を強化します。ユーザーは所望の結果や成果物を割り当てて、他のユーザーやプロジェクトマネージャに共有することができます。
 
・TBvision を介してテスト結果の解析作業を支援
 
LDRAツールスイートのTBvisionの強力なレポート機能を使用して、TBmanagerは、コードレビュー、コード•カバレッジとコードメトリックスを表示することができます。テストの結果はシステムの全体表示に加えて、特定のテスト対象にフィルタリングして可視化することもできます。

Target Licence Package (TLP)

航空業界の実績(DO-178B/C)でも裏打ちされた、独自のインスツルメンテーション手法で、あらゆるコンパイラ、デバッガ、ターゲット実行環境をサポートします。
 

 

サポート実績例:Analog Devices VisualDSP、Atego ObjectAda、ARM DS-5 Development Studio、Cosmic ZAP & IDEA、Freescale CodeWarrior、GNU、Green Hills MULTI (& INTEGRITY)、IAR Embedded Workbench、iSYSTEM winIDEA、Keil μVision、Lauterbach TRACE32、QNX Momentics、Renesas、Altium TASKING、TI Code Composer Studio、Wind River Tornado,Workbench supporting VxWorks, Diab、DDC-I Open Arbor、Xilinx、Microchip MPLAB & MPLAB X、MathWorks Simulink、Atmel Studio、Mentor Graphics、Altera

 

Tool Qualification Support Pack (TQSP)

LDRA社ツールは、ISO 26262やIEC 61508等、TÜVの事前認定を取得済みですが、DO-178などで必要とされる、各プロジェクト環境下での適性評価を支援するキットを提供しています。
 

LCMSコンプライアンスマネジメントシステム

航空業界の最高位のDERに開発されたドキュメントテンプレート、ライフサイクルデータを登録するツールとプロセスチェックリストを介して工数を軽減して、認証取得を定額で保証する画期的なサービスです。
 
 

高信頼性・安全性システムのテストツールに40年以上の実績

静的解析、動的カバレッジ、単体テスト自動化ツールを40年に渡って高信頼性マーケットへ提供し続けているLDRA社は、静的解析と動的カバレッジ解析結果を融合することで、ダイナミックフローグラフやLCSAJパスカバレッジなどによるソースコードとテストに対する深い理解を提供します。 また単体テスト支援機能として、テストドライバーやハーネスの自動生成をも実現し、テスト開発工数とコストの削減や、繰返し作業が要求されるリグレッションテストを軽減し、規模の拡大に伴い敬遠されてきた単体テストを支援します。
 
<LDRA社の実績例>LCSAJカバレッジ(ユーロファイターのテスト基準や、BS792/ソフトウエアコンポーネントテスト基準などで採用されている)の技術に貢献し、LDRA Testbed は、フルLCSAJカバレッジ解析をサポートしています。また、コード構成の分析に使用されるノット解析にも功績を残しています。また、PETプロジェクトでも証明されたデータフロー解析の世界的権威でも有ります。欧州委員会により設立されたPETプロジェクトは LinkIcon、出荷後のコードであっても、静的解析、単体テストで相当多くのバグが発見される事を証明し、またツールとそのトレーニングによりコストを削減できる事を証明しています。 データフロー解析の実績と経験から、インフォメーションフロー解析(プログラム変数の相互依存性、英国防衛基準 00-55)も創出しました。DO178B認証に始めて利用されたのは、LDRA Testbedで、航空機、地上システムの両方で、要求される構造化カバレッジ、データカップリング、単体テストをフルにサポートしています。MISRA (Motor Industry Software Reliability Association) 委員会の主要メンバーでもあるLDRAは、MISRA-C:1998、MISRA-C:2004 を満足する静的ルールチェック、複雑度メトリクス、動的解析、データフロー解析全てを統合しサポートできる唯一のメーカです。このように先進の業界標準の開発と実施に長年関わり、ツールとテストソリューションを世界規模の機関とプロジェクトに提供してきました。Joint Strike Fighter (最大規模の防衛プロジェクト)による実績はこの中でも最新の一つです。 その他、現在使用されている航空・防衛システムは、Eurofighter Typoon, Nimrod 2000, Eurojet, C-17 Globemaster, F/A-22 Raptor, C-5 Galaxy, Airbus A340/A380, BOEING787 DREAM LINER などです。
 
 
またLDRA 社は高信頼性システムのソフトウエア検証ツールの第一人者として、国際スタンダード認証支援実績No1のツールを提供する傍ら、国際スタンダードの制定にも貢献(MISRA 委員会に4名、DO-178C 委員会に6名)しています。またFAA のDER コンサルタントを擁する認証支援サービスも米国で展開しています。
 
 

評価ライセンスなど

詳細なデモンストレーションや、無償評価版を用意しています。ご興味頂ける場合は、 メールでご要求を頂けると幸いです。

セミナー
IPA 独立行政法人情報処理推進機構の「コーディング技法で守るモビリティ社会のセキュリティ 4/24(月)」で 講演します。

"コネクテッド・カーの脅威とセキュリティ対策" Operations Director, LDRA Ltd  Ian Hennell(逐次通訳付き)

 日常生活に潜む脅威に対し、セキュリティ対策は必須であると考えられます。本講演では自動車に関係するセキュリティ対策として、ソフトウェアの標準(MISRA・CERTなど)や機能安全ISO 26262、コーディングやテストに関する内容を、欧州の動向などを交えながら説明します。

DO-178C実践ガイドブック

 
航空宇宙分野の制御システム、ソフトウェアなどの設計・開発を行う MHIエアロスペースシステムズ株式会社が、DO-178Cに準拠したソフトウェアを開発するためのプロセスを各機関等と連携して共同研究を推進し、関連技術を蓄積した成果が解説書として出版されました。

セキュアでないコーディングの例とそのルール

CERT-C 対応で圧倒

済み!セミナー:2015年11/10

MISRA C++ WG 議長/LDRA社 Chris Tapp 講演

VxWorks® をサポート:Wind River社はVxWorks® の検証と、顧客向けスタンダード認証支援ツールの両方にLDRA社のテストツールを採用。 MCDC、データカップリング・コントロールカップリング、オブジェクトコードカバレッジなどの解析機能や、ツール認証支援機能を活用

デモ動画各種

  LinkIcon 要件トレーサビリティ:ウインドリバー社 Diab コンパイラとロータバッハ社デバッガを統合 
 
LinkIcon 派生開発のテスト(日本語音声) :フォーマルなプロセスに沿った開発が理想的であるが、既存製品のSOUP(Software of Unknown Pedigree)を基に派生・差分開発されるのが現実。実践的なテストツールを効果的に活用する方法を紹介。
 
LinkIcon TI社 CCS+ロータバッハ社デバッガ統合例 :LDRA テストツールは、あらゆるコンパイラ、ターゲット、シミュレータ環境の解析をサポートします。弊社では、国内の様々な環境に対する設定支援とサポートを行っています。
 
LinkIcon ルネサスHEW4 SH + ロータバッハデバッガ(英)
 
LinkIcon Simulinkモデルベース開発と検証セミナー(英) :スタンダード認証、ツール認定等のテクニックを、MathWorks 社 と LDRA 社の講師がデモを交えて紹介。ツール連携により、認証プロジェクトのリスクと費用を飛躍的に軽減できる
 
LinkIcon Simulink 統合デモ:SimulinkからLDRAを選択してシミュレーション実行して、カバレッジ解析結果を表示。コールグラフ・フローグラフから未実行パスを特定し、TBRunから追加の単体テストを実行。テストケースの自動生成・実行機能も紹介
 
LinkIcon DOORSと連携(英):DO-178B/C, ISO 26262, IEC 61508, IEC 62304 など国際スタンダード認証支援テストツールとして評判のLDRAは、DOORSとの連携を強化。テストに至る要件トレーサビリティの作業効率を大幅に改善。IBMとのセミナー動画を以下に公開しました
 
LinkIcon 要件ベーステストのフレームワーク : 航空業界の多くの顧客と、認証支援サービスのDERのノウハウが詰まったツール。IEC 61508, IEC 62304, ISO 26262, EN 50128, DO-178 など各種スタンダードのオブジェクティブリストに対して、計画書や要件、ソースコード、検証タスクを割当てることに加えて、各検証タスクから直接テストツールを起動・実行して監査のエビデンス生成を自動化支援
 
講演資料は メール でご請求ください

Jenkins CI 動画デモ

  継続的インテグレーション: バージョン管理のコミットなどでLDRA の静的解析、テスト実行、カバレッジ解析を自動実行

公開資料

MISRA C:2012 セミナー“準拠/未準拠の判定自動化を推し進める「MISRA C:2012」とは?”
 
コーディングスタンダードとの付き合い方:MISRA C 委員、MISRA C++:2008 のチェアマンの来日講演
 
セミナー2012:国際スタンダード認証に必要なテストの最新動向:IEC 61508, IEC 62304, ISO 26262, EN 50128, DO-178B, DO-178C など
 
セミナー2010:IEC61508、DO-178B 最新動向
 
セミナー2009:MISRA-C++:2008、CERT、IEC61508 MISRAメンバー来日講演

ツールの事前認定では、各開発プロジェクトで正しく動作することの証明にならない