HOME | products | T-VEC | T-VEC C-5 M 計画

C5-M輸送機開発における T-VEC TTM の成果をSTSC CrossTalk で公開

STSC CrossTalk (The Journal of Defence Software Engineering)の2009年2月の”Requirement Modeling for the C-5 Modernization Program”で、T-VEC社 TTM要件モデリングツールを用いて、Lockheed Martin Aeronautics Company の C-5 Modernization (C-5M) 計画で達成された特筆すべき成果について公開されました。
   

C-5 M 計画で採用された要件モデリング手法について

この資料では、Lockheed Martin Aeronautics Company C-5 Modernization (C-5M) 計画における航空機エンジンの性能向上、信頼性向上のために取組まれた、要件ベース・モデリング(a requirement-based modeling)の成果について紹介する。要件ベース・モデリングの成果として、より一貫性があり、完全で、正確な要件とインターフェイスの情報から、デザインや実装のプロセスが支援された。システムエンジニアは、要件モデルの正当性を確認するためにシミュレーションを用い、相当数の要件上の欠陥を検出し、ソフトウエア実装前にそれらを修正することができた。