HOME | products | T-VEC | Interface-Driven Model-Based Test Automation

インターフェイス・ドリブンなモデルからの
テスト自動生成

Interface-Driven, Model-Based Test Automation

 

 インターフェイスの定義を明確にした要件モデリングを行うことで、テストケース、テストドライバーの自動生成をサポートできるアプローチを紹介。 現在、この研究のコアである、T-VEC(形式手法を用いた モデル検査・テストベクタ/ドライバー生成機能)や、SCR手法を拡張した TTMモデリングツールは更なる進化を遂げて、産業界で広く採用されています。