HOME | products | LDRA | MISRA C:2012 セミナー


セミナー: MISRA C:2012 との付き合い方

What you DON’T know can hurt you: What you NEED to know about MISRA C:2012 - Learn from the Committee Experts
 

MISRA コミッティメンバーによるMISRA C:2012の最新情報

 

 
◇ 2013年4月19日(金) 午後1時30分~5時 
 
◇ 会場 全国町村会館ホールA(永田町)
 
◇ 参加費無料(事前登録制 定員80):逐次通訳有り
 
■内容
 
・MISRA C:2012 新機能の概要
・MISRA C:2012 ルールの例
 -どのようにルールは改善されたか
 -決定可能なルールで決定不可能な問題を防ぐ
・Directives と Rules の違いについて
・デモ:MISRA C:2012の準拠
 -主なルールLDRA tool suiteの各種機能
 -MISRA-C:2004 と MISRA C:2012比較
 
 特別講演を追加: CERT-C セキュアコーディングスタンダード、MISRA-C とのフォーカスの違い等について (JPCERTコーディネーションセンター 久保 正樹 氏)  “制御系のセキュリティは、サイバー攻撃の標的として注目されています”
 
 概説資料 "An Introduction to MISRA C:2012 " (日本語版)の理解をベースにセミナーを進めます。(参加申込みされた方に予めお送りいたします)
 
 
 <資料の要約> MISRA C:2012 は国際的に広く産業界で採用されるMISRA (Motor Industry Software Reliability Association)スタンダードの進化版。ISO 9899:1999 (C99)のサポートを追加する一方、C90のサポートも維持。コードの正当な使用あるいは振舞いを阻害しないこと・望ましくない結果を導かないことを目的に、ルールはより正確に定義され直した。ルールの精度や分類を改善し、より包括的な解釈で高い理解を得られるようにすることで、プログラマの労力を軽減して、セーフティクリティカルなアプリケーションのソフトウエアに関わるリスクを緩和する。ツールによる誤検知を削減してマニュアルレビューの工数を飛躍的に軽減できることも見逃せない。
 

・C90に加えてC99をサポート
・ルールの精度を改善(正当な使用や振舞いが阻害されない)
・Mandatory(必須)ルールを追加して、Required(必要)、Advisory(推奨)を補完
・ルールをシステムワイドと単一コンパイルユニットに区別
・決定可能・決定不可能なルールに分類
・自動生成コードに対するルール (例:オートコードのswitch文にはdefaultがあってはならない)

 
 
■お申し込み方法 下記の内容をご記入の上、LinkIconE-mail にてお申し込みください。

 お名前、会社名、部署名、住所、電話、E-mailアドレス

 
■講師紹介
 
* Chris Tapp 氏: MISRA C++委員会のチェアマン、およびMISRA C委員会メンバー。また CERT C にも貢献。
 
Chris Tapp is a Field Applications Engineer at LDRA with more than 20 years experience of embedded software development. He graduated from the University of Durham in 1987 and has spent most of his career working within the automotive, industrial control and information technology industries, mainly as a self-employed consultant. He has been involved with MISRA since 2001 and is currently chairman of the MISRA C++ working group and an active member of the MISRA C working group. He has been with LDRA since 2007, where he specialises in programming standards.
 
Mark Richardson 氏: LDRA 社フィールドアプリケーションエンジニア。組込みソフトウエア開発に25年以上の経験があり、IBM Rational Rhapsody のアプリケーションエンジニアとして組込みシステムへのUML活用に12年間従事。
 
Mark Richardson has over 25 years of experience in the development of real-time embedded software in C, C++ and Java. He is currently working for LDRA, where he is a Field Application Engineer working in close collaboration with LDRA’s numerous distributors. Previously to joining LDRA, Mark was the lead application engineer for IBM Rational Rhapsody and has over 12 years of experience using UML on embedded projects.
He has lived in England, France and the USA, working on a variety of embedded projects and is currently living in the UK.