HOME | products | LDRA | LDRA 認証サービス

LDRA認証サービス(LCS)は、ARP 4754A/ED-79A, DO-178C/ED-12C, DO-278A/ED109A and DO-254/ED-80 の準拠に必要となる一連のツール、トレーニング、ガイダンスを提供することで、製品認証を支援します。
これらのツールは全提出書類の定義・発行、認証エビデンスの生成をはじめ、DO-178B/ C、DO-254ライフ・サイクルの全フェーズを円滑に支援します。
 
コンプライアンスのインフラストラクチャの必須要素は、LDRAコンプライアンス管理システム(LCMS)によって提供されます。このLCMSは広くアビオニクスのOEMやサプライヤー、軍事機器サプライヤーだけでなく、FAAによっても使用されています。LCMSは、業界(クライアントおよびRTCA委員会)、当局(FAA、EASA、軍隊)、DERからのベストプラクティスに基づいて完全に準拠したインフラを提供しています。

LCMS コンプライアンスマネジメントシステム

LDRA コンプライアンスマネジメントシステム(LCMS)- FAAのDO-178C, D0-278A, DO-254 の認証を全面的に支援する初めてのソリューション
 

動画:LDRA 認証支援サービス(日本語字幕)

 
LDRA コンプライアンスマネジメントシステム(LCMS: the LDRA Compliance Management System)は、ARP 4754A/ED-79A, DO-178C/ED-12C, DO-278A/ED109A and DO-254/ED-80 のスタンダード準拠を支えるインフラを提供します。航空のあらゆる専門分野に精通する、LDRA認証支援サービス(LCS:LDRA Certification Services)の専門家により、準拠計画、スタンダードやライフサイクルドキュメント、プロセスチェックリスト、問題レポートを評価して、顧客による認証計画の作成、開発や検証作業、及び認証業務を支援します。LCMSにはEASA、FAAの認証を確実にするプロセスが詳述され、幾千時間ものドキュメント作成作業を軽減し、認証プロセスの費用を最大50%削減します。
 
LDRA コンプライアンスマネジメントシステムは、FAAのDER(Designated Engineering Representative)によって開発されました。エンジンを含む、全ての航空システムと装置に対するLevel AクラスのDER チームにより作成された、詳細な認証用ドキュメントのテンプレートは、LCSのコンサルティングやトレーニングサービスに用いられるだけでなく、航空システムのOEM、航空電子システムや防衛機器のサプライヤ、FAAの講習会にも活用されています。
 

LCS あらゆるスタンダードに対応

FAAおよびEASAの認証を達成

• Aircraft & Systems Development (ARP-4754A)
• Safety Assessment (ARP-4761)
• Integrated Modular Avionics (RTCA DO-297)
• Flight Electronic Hardware (RTCA DO-254)
• Flight Software (RTCA DO-178B and DO-178C)

スタンダード認証、規格のサポート

どのようなセーフティスタンダードあるいはセキュリティスタンダードであれ、スタンダード認証取得は複雑で時間のかかる過酷な作業です。 DO-178B/CやDO-254の厳密な要件に従わなければならない航空機業界の開発組織においては、特にこの傾向が顕著になります。専属のDER(Designated Engineering Representatives)を従えて開発チームに適切なプロセスやドキュメンテーションやトレーサビリティの手助けをさせるなんていう贅沢はどこにでもできることではありません。たいていの組織ではFAAやEASAのスタンダード準拠のプロセスの大部分は退屈な手作業になります。
 
厳密なFAAとEASAのスタンダード認証への取り組みへの課題:
 
• DO-178B/CやDO-278AやDO-254、さらに複数の込み入ったガイダンスに従う必要があるかも知れない
• 開発プロセスには一貫性と再現性と透明性が必要
• 製品開発は常に監査の目に晒され、コンプライアンスデータのハードコピーを得るために、相当な費用と時間を費やすことになる
• 申請者は検証作業が専用ツールあるいは別のエンジニアによって行われたというエビデンスにより、設計保証レベル(DAL)に準じた独立性を提示しなければならない
• プログラムは4回から8回の大規模な監査を受けることになり、それぞれにコンプライアンスデータの作成と保存が必要
• 申請者は込み入ったいくつものスタンダードを相手に奮闘するだけではなく、監督機関とも渡り合わなければならない
 
LDRA社によるスタンダード認証、規格のサポート
 
LDRA社は業界初のFAA/EASA完全準拠の包括的なスタンダード認証サービスを提供します。このサービスは、航空分野のあらゆる資格を有する、複数のレベルAクラスのDERを擁する、専属のスタンダード認証エキスパートチームによって実施されます。
LDRA Certification Services(LCS)チームは、開発と検証の専門家によって構成され、お客様の製品のスタンダード認証準備の作業に、LDRA tool suiteや他の補助的なツールを使います。さらにLDRA Compliance Management System(LCMS)は、DERが専属か、コンサルタント契約か、あるいはLDRA社のスタンダード認証サービスを利用しているかに関わらず、DO-178B/CやDO-278AやDO-254といったスタンダードに準拠するインフラ作りに役立てられます。
 
• LDRA Certification Services(LCS)は航空分野のスタンダード認証の包括的なサポートを提供
• LDRA Compliance Management System(LCMS)は、クラウドまたはローカルで動作するDO-178B/C、DO-278A、DO-254申請者向けのコンプライアンス管理サーバー
• Tool Qualification Support Pack(TQSP)は、プロジェクト環境の検証ツールとしてのLDRA tool suiteのツール認定プロセスを支援
• LDRA TestbedとTBvisionは、厳密なコーディングスタンダードへの準拠を強化する静的解析エンジンとグラフィカルインターフェース
• TBmanagerはロールベースの要件管理ツール。各開発チームの役割分担に応じた作業を通じて、コードと検証成果物を上位レベルのオブジェクティブに遡って結合
• TBreqは、ソフトウエア開発ライフサイクル全般にわたってトレーサビリティを提供し、リンクの不備を特定
• TBobjectboxは、オブジェクトコード検証の追加モジュール