HOME | products | LDRA | IPA/SEC TBvision

IPA/SEC ESCR コーディング作法ガイド

IPA/SEC ESCR について

 
 

代表的なプログラミングエラー例 x 20種全てを検出

 
 
IPA/SEC ESCR コーディング作法ガイドは、情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センター(Software Reliability Enhancement Center, Information-technology Promotion Agency, Japan)により策定されました。コーディング作法は、高品質なソースコードの開発を支援するためのものです。このガイドは、適正なコーディングの作法を実施するための品質規範となる品質特性を焦点にしています。そして広範に渡る日本国内の組込みシステムソフトウエア開発の経験を参考にし、また "MISRA-C", "Indian Hill C Style and Coding Standards","GNU coding standards" など既存のコーディング規約も参照しています。
 

IPA/SEC ESCR の特徴・利点

 
このガイドラインは、信頼性(Reliability)、保守性(Maintainability)、移植性(Portability)、効率性(Efficiency)からなる品質特性を特徴としています。それゆえ主に信頼性をターゲットにする MISRA-C:2004 と比較すると、より広い範囲のCプログラミングの課題をカバーしています。そして CERT C セキュアコーディングスタンダードによりカバーされる安全性の課題についても補完しています。他にも命名規則、スタイルなど MISRA-C:2004 や CERT C セキュアコーディングスタンダード では直接対処されていないものにも対応しています。
 

IPA/SEC ESCR をサポートする TBvision

 
LDRA 社は、IPA/SEC ESCR ガイドラインをサポートするために、LDRA ツールスイートを拡張しました。これにより TBvision を用いて、コードがこれらガイドラインに準拠していること、さらには MISRA-C:2004 や CERT C セキュアコーディングスタンダード への準拠を査定することができます。これら全てのルールセットを満たすソフトウエアは、信頼性、安全性、保守性が極めて高くなると言えるでしょう。
また、IPA/SEC ESCR ガイドラインではコーディング作法に加えて、代表的なプログラミングエラー例 x20種をハイライトしています。これら全てのプログラミングエラーは、TBvision で検出可能です。
 

LDRA 社 プログラミングスタンダードに対する実績

 
先進のコード解析能力により、TBvision は MISRA-C:1998, MISRA-C:2004, MISRA-C++:2008, CERT C セキュアコーディングスタンダード に対する準拠のチェックをサポートしています。また LDRA社は、ロッキード・マーチン社と協力して JSF++ AV スタンダードを開発し、これに加えて、Meyers Effective C++ や Effective STL coding guidelines など多くのガイドラインをサポートしています。
 
TBvision は、ホスト/ターゲットなど、あらゆるテスト環境に合わせて設定を行うことができます。その LDRA 社の製品とサービスは、高信頼性、安全性を代表する多くの世界的企業に採用されています:DENSO Corporation, IHI Corporation, Lockheed Martin, Honeywell, Raytheon, Elbit Systems, Rockwell Collins, eSysTech, Presagis and NASA.
 

MISRA主要メンバーを招聘して、ガイドラインの実適用での効果や制限まで含めてMISRA CとESCR、CERT Cを関連付けるとともに、標準化に向けた活動について紹介
 
 
MISRA C++ WG 議長 クリス・タップ氏 (LDRA社) 講演