HOME | イベント | embedded world Conference 2017

世界最大級の組込みシステムの展示会 embedded world Conference 2017 が ニュルンベルク(独)にて開催されました。
以下に、弊社取扱いメーカ各社のトピックスを紹介します。
 
機能安全認証支援
テストツール
 

国際スタンダード認証実績No1のテストツールとして、静的解析(MISRA等)・単体テスト・カバレッジ解析等を、あらゆる実行環境下で、要件トレーサビリティに統合。
 
以下の講演資料を公開中
 
Protect the Weak Link MISRAC Security Guidelines
 
Software Security for the Connected Car
 
Understand Software Qualitys Three Legged Stool
 

 
プロダクトライン開発
バリアント管理
 

ソフトウエアプロダクトライン開発による体系的な再利用の秘訣は、製品間の違いである変動要素の管理に、バージョン管理ツールを用いないことです。pure::variants は、プロダクトライン開発を小さな単位で開始して進化させることができる、ただ一つのバリアント管理専用ツールとして、多くの企業に実践採用されています。
 
LinkIcon Microsoft Team Foundation Serverとの連携
 
LinkIcon Ver4.0.5 新機能//pvSCLでコンディショナルテキスト設定を強化、ドラッグ&ドロップでエレメントの紐付け、Rhapsodyとの連携でタグの値をサポート
 

 
JTAG
バウンダリスキャンテスト
 

BGA実装を電気的に実装検査・不良解析できるバウンダリスキャンテスターは、JTAGデバイスの信号線をプローブとして操作・観測するソフトウエアによって最大限に活かされます。XJTAG社は高度なソフトウエア技術でバウンダリスキャンテストに革新をもたらしています。ツールは安くなり、テストプログラムの開発・保守の工数や費用が軽減されて、設計・開発から製造検査、不良解析にまで一貫して活用されています。
 
テスト容易化設計を支援する無償プラグイン
Mentor Graphics PADS にも対応!
 
超高速フラッシュ書き込み
 

 
Ashling
JTAG デバッグツール
 
 

NXPセミコンダクターズ社のセキュア・マイクロコントローラのサポートや、シノプシスのDesignWare® ARC®プロセッサのサポートで知られるAshling社は、1985年から35年に及ぶデバッガメーカとしての実績に加えて、様々なドメインの受託開発でも多くの経験と信頼を得ていることを紹介しました。
 
各種事例紹介
 
NXP社セキュリティデバイス SmartMX2 P60 family をサポート
 

 
DSM言語開発ツール
 
 
ドメインスペシフィックモデリング(DSM)言語は、製品系列などにドメインを限定して、高い抽象度、かつフォーマルなモデルから完全なソースコードやドキュメントを自動生成させて、あらゆるシステムの開発効率を飛躍的に改善します(5~10倍の生産性)。


以下の講演資料を公開中
 
Automating Safety Engineering With Model Based Techniques

Creating And Using Domain Specific Languges And Models